青木孝之弁護士のプロフィール

〈現職〉

  • 一橋大学法科大学院教授
  • 弁護士

〈所属学会〉

  • 日本刑法学会

 

〈略歴〉

元裁判官

大阪市出身。昭和60年3月京都大学法学部卒業。

平成4年、司法研修所入所(司法修習第46期)。

平成6年、裁判官任官。以後、福岡地裁、名古屋家裁、那覇地家裁沖縄支部、東京地裁に勤務。その間(平成9年〜同10年)、米国ミシガン州第3回巡回裁判所に留学し、比較法的な視点から刑事法学に興味をもつ。
平成16年4月、裁判官を任期満了退官。同月、琉球大学法文学部教授。

平成21年4月、駿河台大学法科大学院教授(刑事法)。

平成26年4月より,一橋大学法科大学院教授(刑事訴訟法)。

東京弁護士会に登録。現在に至る。日本刑法学会会員。

研究・関心領域は刑事法全般。

青木孝之弁護士の著作

<著書>

刑事司法改革と裁判員制度(単著 2013年3月 日本評論社)

刑事事実認定の基本問題(共著 2008年2月 成文堂)

<論文>

共謀共同正犯の理論と実務(琉大法学78号 2007年3月)

刑事責任能力とは何か?(琉大法学79号 2008年3月)

取調べ可視化論の整理と検討(琉大法学81号 2009年3月)

争いのある事件における手続二分(季刊刑事弁護72号 2012年10月)

▲このページのトップに戻る