「花押」記した遺言状は無効と最高裁が初判断(最高裁平成28年6月3日判決)

🔴判決文

 全文(PDF)

 

🔴解説

(1)結論

  いわゆる”ハンコ”を押すかわりに、花押を書いた遺言書は無効だと判断されました。【自筆証書遺言のケース】

 

(2)有効な遺言書とは?

  遺言書にはいくつか種類があり、公証役場で公証人に作成してもらう【公正証書遺言】もよく利用されていますが、本件で問題になったのは【自筆証書遺言】です。自筆証書遺言とは、全文を自分で書く遺言のことです。

    自筆証書遺言について、民法968条1項には次のように書いてあります。「自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。」

  つまり、「印」が押されていないと遺言書は無効になってしまいます。

 

(3)この裁判での争いのポイント

  この裁判では、遺言書に「印」が押されていると言えるのかどうかが問題になりました。

    「印」とは、ふつうは”ハンコ”のことを言います。実印でなくても、100円ショップの三文判でも構いません。

  しかし、今回の事案では、遺言書に”ハンコ”は押されておらず、かわりに”花押”が書かれていたため、有効な遺言書と言えるのかどうか争われたのです。

 

(4)最高裁判所の判断

  最高裁は、結論として、花押は民法968条1項でいう「印」には当たらず、したがって、遺言書は無効だと判断しました。

  その理由として、「我が国において,印章による押印に代えて花押を書くことによって文書を完成させるという慣行ないし法意識が存するものとは認め難い」と言っています。

 

(5)教訓

  このように、自筆証書遺言を作る際は、厳格なルールが定められており、少しでもルールに反すると遺言書が無効になってしまうので注意が必要です。

  無用な心配を避けるためには、多少費用はかかってしまいますが、事前に弁護士に相談して遺言書の内容をチェックしてもらったり、公証役場に行って公正証書遺言を作ってもらうのも一案でしょう。これならトラブルのリスクは低くなります。

 

担当: 弁護士 中嶋翼

▲このページのトップに戻る