青木孝之弁護士の著作

<著書>

刑事司法改革と裁判員制度(単著 2013年3月 日本評論社)

刑事事実認定の基本問題(共著 2008年2月 成文堂)

<論文>

共謀共同正犯の理論と実務(琉大法学78号 2007年3月)

刑事責任能力とは何か?(琉大法学79号 2008年3月)

取調べ可視化論の整理と検討(琉大法学81号 2009年3月)

争いのある事件における手続二分(季刊刑事弁護72号 2012年10月)

▲このページのトップに戻る