特徴(3)一つ一つの手続きを依頼者の方の了解を得ながら進めます

予備会議室.jpg弁護士は法的手続きを行うために,裁判所,相手方,第三者との間でさまざまな文書等やりとりをしながら手続を進めていきます。

そのようなやりとりの際に,弁護士が依頼者の了解を得ないまま手続きを進めてしまうケースがあり,「知らないうちに手続きが進められた」「事前に聞いていた話と違う」といったクレームが発生することも少なくありません。

その点,当事務所では,事前に丁寧にご説明したうえで、依頼者の方に一つ一つ,了解を得ながら手続を進めます

依頼者の方によく納得していただけないまま,手続きを進めるようなことはありませんので,ご安心ください。 (写真は予備会議室です。)

▲このページのトップに戻る